彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

好きな人が居ない

僕の周りで彼氏、彼女が居ない人の理由の中に
必ずと言っていいほどよく出てくるフレーズが、
 
「好きな人が居ない」というフレーズです。
 
惚れっぽい人からすると信じられないようなセリフかもしれませんが、
これが結構な人数居るんです。
 
最近は晩婚化が進んでいますが、
好きな人ができない、周りに魅力的な異性が居ない
という理由で結婚していない人も多いです。
 
ではなぜ好きな人が居ないのか、
根本的に何で好きな人が出来ないのか、
考えていきましょう。
 
 
僕も実は、好きな人が全くできない時期というのがありました。
最初からそうだったワケではないのですが、
きっかけはある一つの事でした。
 
初恋を失恋してしまったことです。
 
僕の初恋は14歳の時だったのですが、
告白してフラれ、およそ三年間くらい好きな人が出来ませんでした。
 
それまでは必ずと言っていいほど、好きな人が居て、
一年に一回くらい変わっていました。(おいおい)
 
その時の心境は今でも思い出せますが、
 
「また恋愛をして傷つくのが怖い。」
「他人に深くかかわらない方が楽だし、自分のペースでいられる。」
 
という風なことばかり考えていました。
 
ではなぜ三年後、その心境が変わっていったかというと、
きっかけはやはり自分の意志だったんです。
 
僕は高校は野球部に所属していましたが、
坊主頭なのを言い訳に、恋愛からは自分から壁を作っていました。
 
なので、女性から声をかけられてもそれとなくしか会話しませんでしたし、
無難なやり取りしかしませんでした。
 
楽しくもなかったですが、辛いこともなく恋愛に関しては味気ない
高校生活だったと思います。
 
三年間振り返ってみて、甘酸っぱい事は一切なく、
貴重な三年間を何をしていたのかと酷く後悔しました。
 
自分からそうしていたのにもかかわらずです。
 
 
その後、僕は大学に進学するのですが、
 
「好きな人、一目ぼれするような子が居なくたっていいじゃないか。
ただ仲良くなれる女友達が居たって、それだけで楽しい生活になるはずだ。」
 
と思うようになったのです。
 
それから徐々に女性と意識して話すようになったのですが、
だんだん楽しくなってきて、
そのうち彼女が欲しいなぁと思うようになったのです。
 
 
僕がこう思うようになったのには一つポイントがあります。
 
それは、
「好きな人が居ないからと言って、
女性と話したり、女性と関わることをやめる理由にはならない。」
 
あるいは、
「好きな人が出来ないからと言って、
女性と楽しい会話が出来ないわけではないし、
楽しく過ごせないわけではない。」
 
ということです。
 
ただ好きな人が居ない、できないという理由だけで
女性と話さなかったり、関わらないようにするのは
とてももったいないです。
 
僕みたいに過去のことを悔やむ日が訪れるかもしれません。
今は別にいいやと思っていてもです。
未来の自分が今と同じ考えとは限りません。
 
周りに女性が居ない方は、
積極的に女性とかかわる場所へ、
 
女性はいるのだけど関わらないようにしている方は、
なるべく積極的にかかわってみる。
 
それが一つのきっかけになり少しずつ変わってくるはずです。
 
もしかしたら、将来付き合う女性は
既に出会っている可能性だってあるのです。
 
 
 
女性とは積極的に関わっているのだけど、好きな人が出来ない
という人もいるかもしれません。
 
その人たちは、あまり疑問に思わず今のスタンスを続けてみてください。
 
考え方を変えれば、好きな人が居ないということは、
どんな女性でも好きになる可能性があるということです。
 
これから関わる女性の中に、
好きになる女性がいるということです。
 
選択肢ありまくりなわけです。笑
 
そう思うと少し希望が湧いてくる気がしませんか?
 
好きな人が居ないということは、
これから素晴らしい人と出会うチャンスがあるということです。
 
好きな人が居る人は、
それだけアンテナが狭くなってますし、
出会うチャンスも限られてきます。
 
ぜひ自分から気軽に一歩踏み出してみましょう。

関連ページ

清潔感を持つ
やっておいて損はない事
笑顔を意識する
やっておいて損はない事
外見を磨く
やっておいて損はない事
外見を磨く際のポイント
やっておいて損はない事
料理が出来るようになる
やっておいて損はない事
モテる人は友人が多い
やっておいて損はない事
くよくよしない
やっておいて損はない事