彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

恋愛モードにする連絡の取り方A

前回の続きとして書いていきます。
 
前回の記事をご覧になっていない方は、
恋愛モードにする連絡の取り方から読んでいってください。
 
今回は、女性とラインやメールをするときに
特に大事にしたいポイントを書いていきます。
 
それは何かというと、
 
ラインやメールで仲良くなろうとする必要はないということです。
 
 
すごく仲良くなったのだけれど、
友達みたいな関係になってしまった。
 
逆に、
 
そんなにまだ仲良くなくて、
あまり話もしていないのだけれど、
相手から好意を得ている場合もあります。
 
あなたがこのサイトに訪れているということは、
少なくとも前者ではないと思います。
 
 
今ラインやメールで連絡をとっている女性と、
恋人の関係になりたいはずです。
 
また多くの人がやりがちなのが、
お互いの関係性を無視した内容のメッセージを送ってしまうことです。
 
親密な女性にマメに連絡を入れるのは
とても喜ばれます。
 
一方、
 
まだそれほど親密ではないのに、
日常的にメッセージを送ったりするのは、
たとえ第一印象がよかったとしても、
うざがられる可能性が高いです。
 
自分に好意があるのかないのかわからないのに
告白してみたりするのもあまりよくありません。
 
これはとても成功率が低いですし、
たとえ告白が成功しても、
あなたの方が立場が極端に低い関係が続きます。
 
せっかく付き合うのであれば、
対等もしくは少し自分が優位の関係性の方がいいですよね?
 
連絡の取り方でそれも変わってきます。
 
 
まずは、相手からメッセージがくるようになる必要があるわけです。
 
ではどうすればいいかというと、
 
「相手の返信の速度に合わせる。」
 
ということをやってみてください。
 
 
相手が自分のメッセージに対して、
30分くらいで返してきたのであれば、
自分も30分くらいで返事をしたり、
 
1時間くらい経ってから返事をしてください。
 
相手の返信よりも短いテンポでメッセージを送らない方が
いいということです。
 
 
ラインやメールの送り方でありがちなのが、
気になる女性からメッセージが来たら即返事をしてしまうことです。
 
テンションが上がってすぐに返事をしたくなる気持ちはとてもよくわかります。
 
ですが、これは避けてください。
 
 
相手女性に、
「返信を待っている時間」というのを与えてください。
 
これをすることによって、
相手に自分の事を考えさせる時間を与えることが出来ます。
 
「なんて返事がくるかな。」と考えさせることもできますし、
 
もしかしたら、
「早く返事来ないかな。」と思っているかもしれません。
 
また、相手との関係性があいまいな段階では、
 
「なんでこんなに○○君の返事を待っているんだろう。
あたしってもしかして○○君の事好きなのかな?」
 
と女性に自分の事を考えさせることができるわけです。
 
これは押してダメなら引いてみるにも共通するテクニックといえます。
 
 
もちろん、即返事が求められる状況ではどんどん返事した方が良いです。
夜遅く寝る前の時間帯や、待ち合わせの時、
お互いに暇だとわかっている時などは、
 
返事が遅いほうが悪い印象を与える可能性があります。
 
 
ですが、基本的な連絡の取り方としては、
「すぐに返事をしない」スタンスでメッセージを送る方が得をします。
 
今まですぐに返事をしてきてしまった人は、
こんなことで本当に変わるの?と思うかもしれませんが、
実際かなり効果あります。
 
少なくとも既読スルーされたり、
ブロックされることはないと思います。
 
今まで女性とラインやメールが上手くできなかった、
せっかく連絡先を交換したが、
まったくやりとりしなくなってしまったという方は、
一度試してみてください。
 
次のページ女性が好意を持っているときのメール、ライン

関連ページ

ラインやメールで意識すること
気になる女性と連絡を取るときに必要なこと
押してダメなら引いてみる
気になる女性と連絡を取るときに必要なこと
恋愛モードにする連絡の取り方
気になる女性と連絡を取るときに必要なこと
女性が好意を持っているときのメール、ライン
気になる女性と連絡を取るときに必要なこと