彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

恋愛モードにする連絡の取り方

連絡を取り合っている女性と恋愛モードになる方法はいくつかあります。
 
ですが、その前に絶対にやってはいけないこと
書いていきたいと思います。
 
これだけは絶対やっていけないのが、
 
「返事が来ないからと言って催促をする」
 
例えば、こちらから話題を振って既読されている状態だとします。
 
あなたは早く返事が欲しいでしょうから、
待ち切れずに次のメッセージを送ってしまうかもしれません。
 
「おーい。」とか、
別の話題を振って返信を促してみたり、
 
「今なにしてるの?」とか頻繁に送ったりです。(たまに送るのはいいのですが)
 
これらの行動をすると、女性に「面倒くさい男だな」と思われてしまいます。
 
ましてや相手から返事もないのにこちらから一方的にメッセージを送ると、
返事を返す気分ですらなくなってきてしまうものです。
 
一度メッセージを送ったら基本的には返事を待つスタイルがいいでしょう。
もし返事が来なかったら脈がない可能性もあります。
 
 
以上の点にだけは特に気を付けてください。
 
 
さて、本題に入りますが、
相手を恋愛モードにさせるには、
相手からメッセージを送ってくる機会を増やすことです。
 
以前のページでも述べましたが、
こちらからがんがんメッセージを送っても、
相手からメッセージを送ってもらえたということにはなりません。
 
それはただ単に相手が返事しているだけです。
 
「相手主導であちらからメッセージが来る」
 
これが必要になってきます。
 
 
最初は仲良くなるためにこちらがリードして会話を進める必要がありますが、
だんだん仲良くなってきたなと感じたら、
 
少しずつ引いてみることも重要になってきます。
 
例えば寝る前にラインをしていたとしたら、
相手が眠くなるまで付き合うのではなく、
 
「もう遅いからそろそろ寝ようか。」
 
「明日も早いだろうから寝よっか。」
 
など、もう少し話したいという気持ちを持ったまま
会話を終わらせるのが良いでしょう。
 
相手からすると、もうちょっと話したかったなぁという気持ちになり、
次の日にあちらからメールやラインが来る可能性が高くなります。
 
また、時間帯なども考えて自分の事を気遣ってくれた、
リードしてくれたという風にも思われるので、一石二鳥です。
 
女性というのは最初、
相手に対して自分の気持ちをオープンにしたくないものですが、
 
仲良くなってくると逆に、
相手に自分の気持ちを察してほしいという気持ちが強くなってきます。
 
相手から主導で連絡がくるようになったら、
だんだんと自分の気持ちを知ってほしいという感情が強くなってきた証拠です。
 
相手の性格もありますので一概に言えませんが、
相手主導で連絡が来なくても、
 
会話の中で、あちらから提案する回数が増えてきたら、
同様の事が言えると思います。
 
だんだんとそのようなメッセージが増えてきたら、
少なくとも女性の「恋人候補」に上がっている可能性が高いです。
 
次回はさらに踏み込んでこの内容を書いていきます。
 
次のページ恋愛モードにする連絡の取り方A

関連ページ

ラインやメールで意識すること
気になる女性と連絡を取るときに必要なこと
押してダメなら引いてみる
気になる女性と連絡を取るときに必要なこと
恋愛モードにする連絡の取り方A
気になる女性と連絡を取るときに必要なこと
女性が好意を持っているときのメール、ライン
気になる女性と連絡を取るときに必要なこと