彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

親や兄弟

このカテゴリでは、もっと積極的に女性に
アプローチできるようになりたい方に向けて書いています。
 
そうでない方も、考え方や方法など参考になることが
あると思いますので、気楽に見てください。
 
 
ある特定の人物と仲良くなりたいといったときに、
贈り物、プレゼントをする人は多いと思います。
 
ファンが芸能人にファンレターと一緒に何かを贈ったり、
旅行に行ったら会社で同じ部署の方に簡単なお土産を
買っていったり、
 
あるいはドラマなどでよく見る
「お近づきのしるしに・・・」なんていったものまで。
まぁこれはちょっと違うのかもしれませんが。
 
僕が偉そうにわざわざサイトで改めて言わなくても、
みなさん周知の事と思います。
 
ただ、みなさん知っていて当たり前のことなんですが、
おろそかにしてやっていない人と、やってる人では
自然と評価が違ってきます。
 
評価とか書いてしまうと少し語弊があるかもしれませんが、
相手の無意識に残る印象は変わってきます。
 
 
今まで贈り物や、プレゼントを他人にあまりしてこなかった人は、
何を贈ればいいんだろうとか、どんな風に渡せばいいんだろうとか
戸惑ってしまうかもしれません。
 
まず最初に誰に贈るかですが、プレゼントを贈ることに
慣れてない方は、親や兄弟がいいと思います。
おじいちゃんやおばあちゃんも喜ぶかもしれません。
 
誰に贈るか決まったら、何を贈るかですが、
お金のかかるものよりも、全然高くないんだけど気の利いたもの
を贈るようにしてみてください。
 
いきなり誕生日とかでもないのに高いものをプレゼントされたら
さすがに驚きますし、受け取りにくいと思いますので、
値段的にもモノ的にも受け取りやすいものを選んでください。
 
例えば、お母さんが「耳かきなくしちゃった」とかいっていたらチャンスですよね。
耳かきは比較的いいものでもかなり安く手に入ります。
 
多少デザインが自分好みでなかったとしても、
プレゼントされたら喜んで使うと思います。
 
しかもタイミングとして、失くして困っているわけですから
たとえ安いプレゼントだとしてもうれしいはずです。
 
また、ちゃんと自分の発言を聞いていて覚えてくれてるんだ。
という気持ちにもなりますので、相手の印象に残るプレゼントとなります。
 
そういったわかりやすいサインがなかったとしても、
相手が今何を必要としているのかを考えてみるのはとてもいいです。
必ずあると思って探すと、絶対に何かしら見つかります。
 
どうしても見つからなかったら、無難なものでもいいでしょう。
その代わりに渡す時に何か一言添えるといいと思います。
 
「こないだ、街歩いてたら良いもの見つけたからあげるよ。」
とかです。
 
その一言を自分で考えるのもステップの一つとして考えてください。
 
このステップですが、実際に女性と付き合いだしてからも
相手を喜ばすことができますし、仲良くなりたい相手には
誰にでも使えるので、身に着けておいて損はないでしょう。
 
特に家族に年齢がそれほど離れていない姉や妹がいれば、
その年代が喜びそうなプレゼントというのが経験としてわかるようになるので、
得をしているといえます。
 
まずは身近な家族から、簡単なプレゼントをしてみましょう。
ハードルは低めからがすぐに行動するためのコツです。
 
次のページ女友達に

関連ページ

女友達に
贈り物をできるようになろう
気になる人に
贈り物をできるようになろう