彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

相手もまんざらではない

女性に声をかけることについて抵抗のある人に
話を聞いてみると、大体こういう言葉が返ってきます。
 
「いきなり声をかけたら失礼だし、ナンパみたいに思われたくない。」
 
確かに、いきなり声をかけたら驚く方もいるでしょうし、
女性に声をかける=ナンパと思っている方もいるでしょう。
 
しかし、上のカテゴリでも述べているように、
場所とタイミングを間違えなければ、
ナンパと思われることはありません。
 
特に僕の場合、道を尋ねるところから
恋愛にまで発展した経験があります。
 
このページを読んでからの方がこの先の話がわかりやすいかもしれません。
 
女性に道を尋ねてみる
 
これをナンパと解釈する方もいると思いますが、
声をかけられた本人はナンパと思っていません。
 
声をかけた僕もナンパのつもりで声をかけてはいませんし、
お付き合いすることを前提に声をかけたわけではありません。
 
実際本人に何回か聞いてみたことがあるのですが、
声をかけられる事自体は比較的嬉しいようです。
 
誘いを断るとイヤそうな顔をされたり、
下心丸出しで来られたりすると
ものすごくイヤな気持ちになるみたいですが、
 
そんな態度をとらずに紳士に声をかけてもらえる分には、
女性として扱ってもらえたようで嬉しいようです。
 
実際声をかけられた翌日に、友人に
「こないだ男の人に声をかけられちゃった〜」
などと少し自慢げに話していたそうで、
 
案外まんざらではなかったようです。
 
僕は道を尋ねる以外にも、
普通に女性に声をかけることがあるのですが、
 
そのあと一緒に出掛けたり、
連絡を取り合う仲になった人は何人かいます。
 
他のカテゴリで書いてあるようなことを実践すると、 
そのように何かしらの関係を持てるようになる確率は
かなり高いと思っています。(半数以上)
 
ただし、相手にナンパだと思われてしまうと
ほとんどはまず相手にしてもらえないと思った方が良いです。
 
道を尋ねるのも、ちょっとしたことを聞いてみるにしても、
なにか軽い感じを与えてしまうとそれだけでアウトです。
 
 
日本人の男性は、道で女性に自分から声をかける
なんてことはしたことがない人がほとんどです。
 
逆に言えば女性も声をかけられる機会は滅多にありません。
とびきり容姿が良ければ声もかけられるでしょうが、
紳士に声をかけてくれる人は少ないでしょう。
 
一度日本を飛び出してみるとわかりますが、
外国の方はとても気楽にフランクに女性に声をかけます。
 
むしろフランスの方は小さいころから、
素敵な女性に声をかけないのは失礼だと言われるようです。笑
 
一言で言ってしまえば文化の違いで片付けられますが、
日本でもしこの考え方を実践して生活していたら、
とても楽しいでしょうね。
 
僕は、外国人ほど気さくに話しかけることはまだできませんが、
あんな風になりたいなとは常日頃から思っています。
 
そして、そういった文化で育ってきた男性外国人に話を聞いてみると、
「女性だって男性から声をかけられるのを待ってるんだ。
その場で迷惑そうにしていても、次の日には友達に自慢してたりするよ。
案外まんざらではないんだよ。」
 
と、いきなり女性に声をかけるのは失礼という文化を持つ
日本人の考え方からするとほぼ反対の答えが返ってきます。
 
これは日本人の僕らからするとすごく勇気づけられる言葉ではないですか?
 
ましてや、僕らが今からやろうとしているのは、
ナンパではありません。
 
女性に道を尋ねたり、
店員さんにわからないことを聞いたり、
美容師さんにモテそうな髪型を相談してみたりすることです。
 
ナンパに比べたらハードルはものすごく低いです。
 
もしなかなか一歩踏み出せずに悩んでいる方がいたら、
相手もまんざらではないということを頭に入れて実行してみてください。
 
次のページ注意すること

関連ページ

注意すること
声をかけることに尻込みしてしまう方へ
困っている女性を探す
声をかけることに尻込みしてしまう方へ
退屈そうな女性を探す
声をかけることに尻込みしてしまう方へ
ナンパについて
声をかけることに尻込みしてしまう方へ