彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

経験談 そのA

これも20台前半の時の話ですが、
友人とゲームセンターで4人で遊んでいた時です。
 
地元の友達と遊んでいたのですが、
その日は近くで花火大会があったらしく、
浴衣姿の子がたくさんいました。
 
ちょうど男友達4人だったので、
同じくらいの人数の女子グループを見つけて、
遊ばないかという話をしていました。
 
その日は知り合いの友達グループは
みんな都合がつかないということなので、
 
度胸試しでゲームセンターにいる女性グループに
声をかけようということになりました。
 
じゃんけんをして負けた人が声をかけることになったのですが、
自分になってしまいました。
 
どのグループに声をかけようかと見ていたのですが、
ちょうど3人くらいの浴衣を着た女性が居ましたので、
その3人に声をかけようということになりました。
 
僕は依然その@で声をかけた経験があるので、
声をかける事には抵抗がなかったのですが、
どのように声をかけようか非常に迷いました。
 
しばらく考えた結果、
「プリクラを一緒に撮りませんか?」になりました。笑
 
意を決して声をかけたのですが、
何か声をかけられる事にあまり抵抗がない感じで、
もしかしたら以前もこういうことがあったのかなぁと思いました。
 
「すいませーん。浴衣姿の子とプリクラ撮りたいねって
友達と話してたんですけど、一緒にプリクラ撮ってくれませんか?
もちろんお金は全部出します。」
 
と、はっきりとセリフは覚えていませんが、
似たような感じで話しかけました。
 
そしたら二つ返事で「良いですよ。」と
返事が返ってきたので、びっくりしました。
 
話しかけてみてわかったのですが、
かなり若いように見えたので、
もしかしたら10代かもしれないと思いました。
 
そしてプリクラを撮ってる途中で話していてわかったのですが、
彼女たちはまだ16歳で高校生になったばかりだということがわかりました。
 
見た目はかなり大人っぽかったので少し年下くらいかなと思っていたのですが、
これはかなりまずいと思いました。
 
そのあとカラオケなりご飯を食べに行くなり考えていたのですが、
ちょっと年齢が若すぎるので、まずいかなぁと思い、
また今度遊ぼうという約束だけしてその日は解散することにしました。
(連絡先は交換しました。)
 
僕は地元に住んでいるわけではないので、
そのまま彼女たちとかかわることはなかったのですが、
 
地元にいる友達はその後彼女たちと遊ぶ機会があったらしく、
カラオケに行ったりレジャー施設に行ったりと楽しそうな話を聞きます。
 
何はともあれ、見知らぬ女性とその日に仲良くなって、
一緒に遊ぶという経験はそれまでしたことがなかったので、
とても新鮮でした。
 
なぜ成功したのかと後から考えると、
セリフ自体はお粗末でしたが、(もう少し考える余地はあった)
 
話しかけるときの雰囲気や、
断れてもオッケーという心意気が自然と伝わったのかなと思います。
 
その後普通に連絡先も交換でき、
友人は遊ぶこともできたというので、
声のかけ方は悪くなかったのかなと思います。
 
みなさんももし、どこかに出かけたときに、
声をかけてみたいなという気持ちが湧いて来たら、
難しいことは考えずに声をかけてみるということをしてもいいと思います。
 
それはこれから先の人生で女性とかかわっていく中で
自分にとってとてもいい経験になります。
 
もし見知らぬ女性に声をかけることが出来るのなら、(たとえ失敗しても)
合コンや飲み会などである程度知っている女性に声をかけるなんて
簡単にできますよね。
 
ただし、人によってはこれをナンパととらえる人もいるでしょうし、
相手によってはとても迷惑するかもしれません。
 
しかし、そのことを踏まえて相手を選びさえすれば、
声をかけること、連絡先を交換することはそれほど難しくないと考えます。
 
一度、そういうドキドキする経験をしてみたいという方は
ぜひチャレンジしてみてください。
必ず得るものはあります。

関連ページ

その@
女性と普通に会話もできなかった管理人が、 彼女を作ることができるようになるまでに実際に行ったことをまとめたサイトです。