彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

店員さんに聞いてみる

女性に道を尋ねることができたら、
次は店員さんにアドバイスを求めてみましょう。
 
もちろん相手は女性の店員さんに限ります。
 
どんな店がいいかというと、服を買うところだったり、
美容院だったり、あるいは女性向けの雑貨屋さんで
プレゼントを探したりなどです。
 
服だったら、「女性はどんなのが好きですか?」
でもいいですし、どれを買うのか迷っていたら
「どっちの方が似合いそうですか?」などでいいですし、
 
美容院だったら、「どんな髪型が女性は好きですか?」
とか、相手をしてくれる美容師さんが素敵な方だったら
どんな髪型が好みなのか直接聞いてもいいでしょう。
 
プレゼント探しだったら、
「どんなプレゼントが喜びますか?」とか、
ある程度予算も伝えてオススメのものを聞いてみるのも
いいと思います。
 
 
今回は身近な異性を褒めたり、道を尋ねる時よりも
少し突っ込んだ内容を聞くことが出来ると思います。
 
店員さんも仕事でやっているわけですから、
聞かれたらちゃんと答えなければなりませんので。
 
特に美容師さんの場合、お客さんと会話しながら
やっていく仕事なので、こちらが会話する意志さえ持っていれば、
いろんな会話ができると思います。
 
例えば、「どんな髪型は女性が好きですか?」と
聞けば、最終的に「気になる女性でもいるんですか?」
と聞かれるかもしれませんし、
 
髪を切る量によっては、
「イメージチェンジですか?」と聞かれたり、
髪に関すること以外の会話もできます。
 
僕の例ですが、比較的年齢の近い美容師さんと
いい雰囲気で話していたら、
近くにできた新しいお店の話になり、
 
「へぇー、どこにあるんですか?今度行ってみようかな。」
と話を続けていたら、
「今度一緒に行きましょうか。場所教えますね。」
と言われ、デートすることになったこともあります。
 
当然、普通に会話していたのではなく
さりげなく相手を褒めて楽しく会話できるようには
していました。
 
道を尋ねる時もそうでしたが、
会話の中で相手を褒めて喜ばすことをしていると、
 
知らず知らずのうちに好意を抱かれ、
思いもよらない会話に発展することがあると思います。
 
今まで女性とまともに話すことができなかった人からすると、
「え!なんでこんな展開になっているんだ?」と
驚くと思います。
 
実際に僕がそうだったので・・・
 
しかも僕の場合、深読みしてしまって、
「この人が俺を誘うのは何か裏があるんじゃないか?」
とか変に疑心暗鬼になっていました。
 
女性からデートのお誘いがあったとしても、
「なんかだまそうとしてるのかな?」とか、
とんでもない妄想を抱いていました。
 
でも、本当にやってみるとわかりますが、
初めてそんな展開をまにあたりにすると、
複雑な感情がわいてくると思います。
 
ぜひ皆さんにもそういった不思議な感情を味わってもらいたいです。
 
道を尋ねる時も店員さんに聞くときもそうですが、
なるべく自分の恋愛対象になる女性にしてください。
 
そうしないと思わぬ好意を抱かれるので、
いざデートを誘われた、お付き合いしたいといわれた時に
相手の女性にとても失礼なことをしてしまいます。
 
以上の点は注意してやってもらえればいいかなと思います。
実際そうなった場合ものすごく困惑しますので。
 
 
今回のステップは比較的リスクが少ないので、
最低でも5人以上の女性にアドバイスを求めてみてください。
 
身近な異性を褒める、女性に道を尋ねるも同様ですが、
次のステップに進んでも
今までやってきたことを継続してもらって全然かまいません。
 
このステップに問題なく進めた方は、
ある程度女性と普通に会話できるようになっていると思いますので、
身に着けたことを使って、どんどん会話をしてほしいと思います。
 
やればやるほど経験となり、自分の魅力となっていきます。
 
次のページ相談をしてみる

関連ページ

まずは身近な異性から
女性と楽しく会話できるようになるには
女性に道を尋ねてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
相談をしてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
女性のいる場所に出かけてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
ほとんど女性しかいないところに行ってみる
女性と楽しく会話できるようになるには
経験を積む
女性と楽しく会話できるようになるには
聞き上手になる
女性と楽しく会話できるようになるには
目線の使い方
女性と楽しく会話できるようになるには
会話をしているときの目線
女性と楽しく会話できるようになるには