彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

相談をしてみる

店員さんにアドバイスを求めてみたり、
オススメのものを聞いてみたりできるようになったら、
 
知り合いの女性に、悩んでいることや
コンプレックスに思っていることを打ち明けてみましょう。
 
これはコラムのカテゴリにある見た目のコンプレックスについて
にも書いてある内容ですが、
 
自分の悩みやコンプレックスを相手に伝えるには、
自分のカッコ悪いところを打ち明けることにつながるので、
躊躇される方が多いと思います。
 
また、ある程度信頼できる女性じゃなければ、
打ち明けることもできないでしょう。
 
過去に女性によって、
その悩みやコンプレックスが作られたとすると、
ものすごく勇気がいるかもしれません。
 
ですが、とても重要なステップだと僕個人は思っています。
 
自分の弱みをさらけ出すことは、特別な信頼関係が生まれます。
さらけ出すことによって、女性に対して変にカッコつけようと
しなくなりますし、自分のことをよくわかっていると評価されます。
 
また、弱みも自分の一部なので、
さらけ出すことによって、より自然に、ありのままで
女性と接することが出来るようになるでしょう。
 
 
相談の仕方ですが、ポイントがあります。
絶対に暗い表情でそのことを伝えないようにしてください。
 
「なんか重そうな悩みだなぁ。」と思われてしまうと、
だいぶ印象が変わりますし、会話の雰囲気も悪くなります。
 
伝える時は、なるべく笑顔で軽い感じで打ち明けられるといいでしょう。
その方が相談された方も気楽に聞けますし、本音を言ってもらえるでしょう。
 
例えば、実際に僕が女性に相談した例をあげると
 
「俺ってモデルみたいにスラッとした子が好きなんだけど、
俺ってあんまり背が高くないんだよね。
自分よりも背が低い男ってどう思う?」などです。
 
これ、自分よりも背の高い女性に相談してました(笑)
 
その子は比較的サバサバしていましたし、
気軽に話せる間柄だったので本音で話をしてくれました。
 
「そりゃあ理想は自分よりも背の高い男性がいいと思うけど、
好きになっちゃったらそんなこと気にならなくなると思うよ。
 
というか、そんなことを気にして諦めてしまうようなら
背だけじゃなくて男として器も小さいと思うよ。」
 
とかなり刺さることを言われましたが、
自分の中で勝手に作り上げていたなにかが一気に壊れる瞬間でした。
 
その後、自分よりも背の高い女性と付き合うことになりました。
(相談した子とは別の子です。)
 
結構最後の一言はきつかったですが、
今ではその子に感謝しています。
 
このように、実際に打ち明けてみると、
そもそも大した悩みではなかったとか、
女性はそこまで気にしてないとか、
 
自分にとってプラスになるようなことが非常に多いです。
 
相談する相手が居なければ、
前のステップで話した店員さんや、美容師さんでもいいです。
 
ただし、家族はやめた方がいいと思います。
なんだかんだいって家族は第三者としての客観的な本音がでにくいです。
また、相談する段階でプライドを捨てる必要もないですし、
勇気を振り絞る必要もないと思います。
 
女性と話す経験を積むという意味でも、
家族以外がいいと思います。
 
このステップに関しては、何人にもする必要はないですが、
自分の中で女性に対してコンプレックスに思っていることや、
苦手なことがあったら、一度打ち明けてみてほしいと思います。
 
次のページ女性のいる場所に出かけてみる

関連ページ

まずは身近な異性から
女性と楽しく会話できるようになるには
女性に道を尋ねてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
店員さんに聞いてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
女性のいる場所に出かけてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
ほとんど女性しかいないところに行ってみる
女性と楽しく会話できるようになるには
経験を積む
女性と楽しく会話できるようになるには
聞き上手になる
女性と楽しく会話できるようになるには
目線の使い方
女性と楽しく会話できるようになるには
会話をしているときの目線
女性と楽しく会話できるようになるには