彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

女性に道を尋ねてみる

身近な異性を褒めて喜ばすことがある程度できるようになったら、
今度は少しハードルをあげてみましょう。
 
全く知らない女性に声をかけ、道を尋ねてみましょう。
 
できるだけ知らない場所で声をかけるのがいいですが、
場所が限られている方もいると思うので、
知っている場所でもOKです。
 
どんな風に道を聞くかですが、普通の聞き方で大丈夫です。
「すいません、○○に行きたいんですけど、どう行けばいいですか?」
といった感じです。
 
もちろん、ちゃんと教えてもらったら
しっかり心をこめてお礼をしてください。
 
全く知らない人だから、こっちの方が簡単だと思う人もいるかもしれませんが、
実際に声をかける段階になって、少しドキドキすると思いますし、
勇気が少し必要になってくると思います。
 
また、誰でもいいわけではなく、
できるだけ自分の恋愛対象になりそうな女性を選んでください。
 
自分の中で、付き合ってみたいとまではいかなくても
カップルとして成立する女性を選んでください。
 
 
今回は自分で考える内容というものは少ないですが、
実際に知らない女性に声をかけるという点で、
身近な女性よりも行動力が試されると思っています。
 
ですが、前のページで書かれていることが
しっかり実践できていれば比較的難しくないハードルかと思います。
 
最初の一人目はもしかしたらすごく緊張するかもしれませんが、
最初だけです。
慣れると普通に他の会話もできるようになります。
 
例えば、前のページの内容も加えてこのような会話です。
 
「教え方上手いですね。すごくわかりやすいです。」
とか、
「丁寧にありがとうございます。おかげで迷わずに行けそうです。」
などでさりげなく相手を褒める事です。
 
人によっては、その後会話がさらに続きますし、
行きたい場所が一緒だったら一緒に行けることもあります。
 
僕が実際に経験した話をすると、その場所まで一緒に行き、
道中会話が弾み、たまたま趣味が一緒だったこともあり、
最終的に連絡先まで交換することが出来ました。
 
結果だけで言えば、
「声をかけて仲良くなり、連絡先を交換した。」となるので、
ナンパとほとんど変わりませんが、
 
相手女性には
 
「道を尋ねてきた男性がたまたま行く場所が一緒で、
たまたま趣味が一緒で仲良くなって、
今度一緒に遊びに行くことになったから、
連絡先を交換した。」
 
という印象になるわけです。
 
もちろん、声をかけてから連絡先を交換するまで、
ほとんど警戒されていません。
 
もしナンパ目的で声をかけていたらめちゃくちゃ警戒されたでしょう。
 
 
最終的にはその女性とお付き合いすることになりましたが、
みなさんに最初の挑戦でそこまでできるようになれとは言いません。
 
実際、僕もタイプの女性と思い声をかけましたが、
お付き合いするまでは全く考えてなかったです。
 
ただ、あんな子と少しでも会話できたらいいなという
小さな気持ちしか持っていませんでしたし、
 
それ以前の段階で、何人も声をかけています。
 
ですので、
まずは声をかけられるようになること。
 
そして、
会話の内容から相手を褒めれるポイントを探し、
お礼と一緒に伝えること。
 
これだけできるようになると十分だと思います。
 
 
どうしても難しい方は、
最後にしっかり誠意を込めてお礼をすること。
それでOKだと思います。
 
もしかしたらこの段階で、
仲のいい女友達ができる方がいるかもしれません。
 
ただ、あまり期待を持ちすぎずに
女性と話す経験を積んでいるんだという意識でいましょう。
 
ここで最低三人くらい声をかけることができたら
次のステップに進みましょう。
 
次のページ店員さんに聞いてみる

関連ページ

まずは身近な異性から
女性と楽しく会話できるようになるには
店員さんに聞いてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
相談をしてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
女性のいる場所に出かけてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
ほとんど女性しかいないところに行ってみる
女性と楽しく会話できるようになるには
経験を積む
女性と楽しく会話できるようになるには
聞き上手になる
女性と楽しく会話できるようになるには
目線の使い方
女性と楽しく会話できるようになるには
会話をしているときの目線
女性と楽しく会話できるようになるには