彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

目線の使い方

みなさんは、今まで気にしていなかったけれど、
よく目が合うことによって、
その人のことが気になってしまったことはないでしょうか?
 
これをよく聞く言葉でいうと「目で落とす」といいますが、
比較的経験したことのある人は多いと思います。
 
目というのは、例え相手と会話したことがなかったとしても、
自分に意識を向けさせたり、
自分の感情を相手に流すことが出来たりします。
 
 
特に男性の場合、
「よく目が合うからもしかしたらあの子は自分のことが好きなのかな」
と思ってしまう人が多いようです。
 
これは半分当たっているのですが、
半分間違った内容ともいえます。
 
というのは、男性と女性では、
意識し始めた異性に対しての目線の使い方が違うからです。
 
 
男性は、意識している異性の事を無意識に目で追ってしまいます。
 
逆に女性は、意識している異性と目が合わないように、密かに見ます。
(なるべく外すようにしている。)
 
 
これは相手に自分の好意を知られると恥ずかしいとか、
自分が意識していることを知られたくないという感情からくるようです。
 
 
気になる相手とどうにか仲良くなりたいといった場合、
この男女においての目線の使い方を意識する必要があります。
 
男性の場合、相手のことが好きだと目で追ってしまうといいましたが、
これをやりすぎると、相手に気持ち悪がられます。
 
男性は、自分自身がどうしても目で追ってしまうので、
相手とよく目が合う場合、自分の事を好きなんじゃないかと、
勘違いしてしまいます。
 
一番脈ありな状態というのは、
一瞬目が合ったんだけど、すぐに目線を外された。
 
というのが、一番相手が好意を持っている可能性が高いです。
 
 
では実際に、自分が好意を寄せていることを
相手にどうやってアピールすれば効果的かというと、
 
女性側の目線の使い方をすればいいのです。
 
相手と目が合った瞬間、わざと目線を外すことで、
相手に自分を意識させることが出来ます。
 
それは、女性自身が、相手と目が合ったら目線を外してしまう
という理由から、もしかしたら私のことが好きなのかも
と思わせることができるからです。
 
 
人間というのは、自分が相手にあることをしたときに思った事を、
相手にも重ねてみてしまう傾向があります。
 
例えば自分が街を歩いていて、周りの人間を見たときに、
あの人格好いいなぁ、あのひとダサいなぁとか勝手に評価している場合、
 
周りからもそういう風に勝手に評価されていると、
勝手に思ってしまうんです。
 
実際は、周りの人間はそんなに他人の事を気にしていない
という人がほとんどなんですが…
 
 
ちょっと脱線してしまったので話を戻しますが、
女性に自分のことを意識させたいのなら、
じーっと目で追うのではなく、
 
目線が合ったら外す、
またチラッと見て目線が合ったら外す、
という目線の使い方の方が意識させることができます。
 
上手く使うことが出来れば、
会話をする前から恋愛モードに発展させることもできるでしょう。
 
気になる人が居るのだけれど、
なかなか会話のチャンスがないという人は、
一度試してみてはどうでしょうか? 
 
 
次回は会話しているときの目線の使い方について述べていきたいと思います。
 
次のページ会話をしているときの目線

関連ページ

まずは身近な異性から
女性と楽しく会話できるようになるには
女性に道を尋ねてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
店員さんに聞いてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
相談をしてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
女性のいる場所に出かけてみる
女性と楽しく会話できるようになるには
ほとんど女性しかいないところに行ってみる
女性と楽しく会話できるようになるには
経験を積む
女性と楽しく会話できるようになるには
聞き上手になる
女性と楽しく会話できるようになるには
会話をしているときの目線
女性と楽しく会話できるようになるには