彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

褒めるのが上手いと得をする

会話をしてみる のカテゴリでも述べましたが、
会話の中で相手を自然に褒める事が出来る人はモテます。
 
ただし、重要なポイントがあり、
あくまでも「自然に」褒める事が大事です。
 
もちろんずっと褒めてばかりだと飽きられますし、
ちょっと何かしただけで褒めたりしていると、
 
下心があるんじゃないか?何か裏があるんじゃないか?
と思われてしまうこともあるでしょう。
 
特に女性はそういった事に敏感ですので、
適当に褒めているとそういった警戒心を持たれてしまうこともあると思います。
 
 
相手のいいところを自然にさりげなく褒めるには、
先のカテゴリでも述べましたが、
相手のことをよく観察して、いいところを見つけられることが大事になってきます。
 
相手のいいところはどこだろうと考えていると、
不思議と会話の内容も思い浮かびますし、
 
会話の中で、自然に相手を褒める事ができれば
会話自体もいい雰囲気になります。
 
なかなか最初はどんなことで褒めようと悩むかもしれませんが、
相手の趣味、特技、好きなこと、などが個人的にはお宝ワードが眠っています。
 
当たり前のことですが、自分の趣味のことを褒められれば
相手にその趣味を受け入れてもらえたと思いますし、
 
得意だと思っていること、好きなことを褒められれば、
もちろんうれしいと思います。
 
女性は警戒心が強い一方で、
比較的相手に承認してもらいたい欲求が強く、
 
自分のことを受け入れてもらえたと認識すると、
そこから一気に会話が進むということがよくあります。
 
また、女性は基本的におしゃべりが好きなので、
この状態になれば、自分からそれほど話題を出さなくても、
どんどん自分のことをしゃべってくれるようになるでしょう。
 
僕は学生時代、しばらく女性と話すのが苦手でしたが、
意識を変えるだけでこんなに簡単に話せるようになるんだ。と思いましたし、
相手もどんどん話してくれるようになってうれしかったのをよく覚えています。
 
また、相手のことを適度に褒めながら会話をすることで
雰囲気も良く話すことができたので、
女性とおしゃべりすることが楽しく楽しくて仕方がない時期がありました。
(おそらく、中学、高校の反動でしょう)
 
このサイトに足を運んできた方は、
おそらく僕と同じような思いをしてきた方が多いと思いますので、
ぜひ同じような経験をしてほしいなぁと思っています。
 
また、僕が学生だったからできたんじゃないかと思われる方も
いらっしゃると思います。
 
ですが、社会人になってから、
それまでほとんど女子としゃべってこなかった友人に
同じようなアドバイスをしたら、
 
社内の子とランチを一緒に食べるくらい女性と仲良くなっていて
ビックリしたこともありますので、
 
年齢問わずやってみる価値は確実にあると思っています。
なにはともあれ、実際にやってみることを薦めます。
 
どれだけサイトを読んで、内容が頭に入っていた人がいたとしても
実際に一回やってみて、
失敗でも成功でもいいので経験をしてきた人には負けます。
 
「百聞は一見に如かず」という言葉がありますが、
(百回聞くよりも、実際に自分の目で一回見たほうが確かだ。という意味)
まさにその通りだと思っています。
 
次のページ雰囲気が大事

関連ページ

雰囲気が大事
女性のことを知りましょう
見返りを期待しない
女性のことを知りましょう
お姫様扱いをする
女性のことを知りましょう
女性が恋に落ちる時
女性のことを知りましょう