彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

行動する勇気を持つ

見た目のコンプレックスについてや、
思い込み、プライドについて書いてきましたが、
 
障害となる壁を取り除くことができても、
実際に行動に移すことが出来る人は少ないです。
 
どうしても楽な方へ楽な方へと人は流れて行ってしまいます。
 
偉そうにこの記事を書いている僕も、
毎日一つの記事を書くことを目標としていますが、
どうしても書けない日というのがあります。
 
記事の内容が上手く思い浮かばなかったり、
そもそもパソコンの前に座ること自体が面倒だったりするのです。
 
 
実際に動き出すためのコツはできることからやっていくことですが、
たったそれだけの事でも
なかなか動き出すことが出来ない人はいるはずです。
 
それはなぜかというと、
変化を恐れているからだと僕は思っています。
 
挑戦すれば良いことがあるかもしれないけど、
何も得られないかもしれない。
 
だとしたら、今はまだ何もしない方がいいんじゃないか。
無意識にそう思ってしまう人は多いです。
 
ですが、何か自分にないものを身に着けようとしたとき、
挑戦しなければならない時は必ず訪れます。
 
失敗したらいやだなと思うはずです。
ですが、その失敗のリスクを覚悟しなければ
その先にあるものはつかめません。
 
ある人に好かれようと思ったら、
その人にもしかしたら嫌われるかもしれないという気持ちを
乗り越えて話しかけるわけです。
 
失敗してもまた挑戦すれば良いんです。
 
大事なことは挑戦したのかしなかったかということです。
 
もしあなたが尻込みして何も行動しなかった場合、
それは失敗よりもよくない状況だといえます。
 
挑戦したのかしなかったかの次元で考えれば、
成功したか失敗したかなんてものは、
紙一重の差でしかありません。
 
一度挑戦することが出来た人は、
失敗しても挑戦できたことで自信がつきますし、
次に同じことをするにしてもハードルが低くなります。
 
ましてや上手くいったらそれはそれで自信がつきます。
 
とりあえず行動しないで、知識を付ける。
もうちょっと様子を見てみる。
というのは、失敗よりも悪い結果を生むということを
頭によく入れておいてください。
 
また、これは僕が女性に声をかける時や、
仕事で決断力が必要な時によく考えるのですが、
 
人間はいつ死ぬかわかりません。
本当に明日死んでしまうこともあるかもしれないんです。
 
だとしたら、今できることを精一杯やった方が
悔いが残りませんし、
少しでも充実した時間を過ごせると思います。
 
今やりたいこと、楽しいと思うことを少しの時間でも、
やったほうがいいと思います。
 
もし明日死んでしまうんだったら、
今日、素敵な女性と少しでも楽しい会話ができた。
それだけでもいいと思うんです。
 
なかなか行動に移せないと悩んでいる方は、
 
行動しないよりも失敗の方がだいぶマシ
 
そして、どうしても勇気が出ないときは
 
人はいつ死んでしまうかわからない
 
ということを思ってみると勇気が湧いてくるかもしれません。
 
次のページ失敗を恐れない

関連ページ

見た目のコンプレックスについて
行動するときの壁になること
思い込みやプライドを捨てる
行動するときの壁になること
できることからやってみる
行動するときの壁になること
失敗を恐れない
行動するときの壁になること
わざとフラれようとする
行動するときの壁になること