彼女が欲しい人、彼女の作り方が知りたい人へ

思い込みやプライドを捨てる

実際に行動に移す時に邪魔になってくるものは、
自分自身で感じているコンプレックスだけではありません。
 
「あんなモテそうな子が自分なんかに興味をもってくれるはずがない」
とか、
「もうすでに彼氏がいるんじゃないか?」
などの思い込みも行動をためらわせる要因になると思います。
 
他にも、
「カッコ悪いところを見せたくない。」という気持ちやプライドが強くて
なかなか行動に移せないという人もいると思います。
 
僕は恋愛においてこの思い込みやプライドというのは
はっきり言って邪魔にしかならないと考えています。
 
というのは思い込みもプライドもそれが正しい事なのか、
そう考えていることが自分にとってプラスなのかどうかというのは、
実際に行動に移してみないとわかりません。
 
例えば上にある思い込みの例で、
「あんなモテそうな子が自分なんかに興味をもってくれるはずがない」
この考え方、ものすごく損しています。
 
もしその子が自分に対して良い印象を持っていて、
少し話してみたいなぁと思っていたとしても、
 
「あんなモテそうな子が自分なんかに興味をもってくれるはずがない」
と思い込んでしまっているので、
 
話しかけてくれたのにそっけない態度をとってしまったり、
傷つきたくないので最初から会話をしてみようとさえ思わないかもしれません。
 
「もうすでに彼氏がいるんじゃないか?」にしても、
この時点では本人に確認すらしていません。
 
実際いないかもしれないのに、自分の頭の中で勝手に決めつけて
自己完結しています。
 
もしかしたら、みんなそう思ってなかなかアタックされず、
ずっと彼氏がいないっていうこともあるかもしれません。
(実際、僕の周りには美人で性格もいいのにそういった理由で、
交際経験が少ない女性が割と多くいます。)
 
傍から見たら、もしかしたら付き合えたかもしれないのに、
そのチャンスを自分から捨てているんです。
 
これ、ものすごくもったいないと思いませんか?
 
なかなか彼女ができない人っていうのは、
周りに出会いのチャンスがないとか、
いい人がいないっていう人が多いですが、
 
出会いのチャンスはあるのに、
そう言った考えが邪魔をして、そういった場に参加してない。
 
あるいは、周りに女性はいるのに
彼氏が居そうだからとか、自分とは釣り合わないと勝手に思ってしまって、
そもそも選択対象から外して考えている。
 
ということは本当によくあることだと思います。
 
僕の場合で考えると初めて彼女ができた時、
 
「女性と付き合うってこういう感じなのか・・・
今までも交際に発展するような女性は結構いたのかもしれない。
チャンスはいくらでもあった。」と思ったのです。
 
ですので、今現在思い込みやプライドでがんじがらめになってしまって、
行動に移せない方は、十日間だけでもいいので、
そう言った考え方を捨ててみることをオススメします。
 
自分の中で何かが身軽になった気持ちになることでしょう。
 
僕自身も、最初はこういった考えが頭をぐるぐる回っていて、
なかなか一歩踏み出せないでいた時期がありました。
 
特に僕は周りが自分のことをどう見ているのかというのを
ものすごく意識して生きていましたので、
こういった考えを捨てるのにはものすごく時間がかかりました。
 
ですが、自分のことを評価するのは他人です。
自分がどんなに頑張っても、好意的に評価してくれない人は必ずいます。
 
逆に、自然体で接しているだけで、
知らず知らずの内に好意を持ってくれる人も必ずいます。
 
そんな基準がコロコロ変わるものに、
自分の行動を左右されるのってバカらしいな。
 
そう思うと、周りの評価を気にしすぎることなく、
いろんな事に気軽に取り組めるようになったと思います。
 
 
 
仕事や勉強をしていく上で必要なこだわりやプライドは
持ち続けていいと思います。
 
しかし、自分にとってプラスになっているかどうかわからない、
あるいは、行動するうえで邪魔になっているような
思い込みやプライドというのはどんどん捨てていきましょう。
 
次のページできることからやってみる

関連ページ

見た目のコンプレックスについて
行動するときの壁になること
できることからやってみる
行動するときの壁になること
行動する勇気を持つ
行動するときの壁になること
失敗を恐れない
行動するときの壁になること
わざとフラれようとする
行動するときの壁になること